カテゴリー別アーカイブ: blog

ヒヨドリ猟

ヒヨドリ猟

スクリーンショット 2021-02-04 17.33.22
ヒヨドリは寒くなってから脂がのって美味しくなるので、猟期の後半に猟を行います。

ミカンを食べているヒヨドリは香りがよいのでミカン畑にいる物のみを空気銃で狙います。

丸ごとペーストにし、ミカンのリキュールやコンフィチュールと合わせて濃厚でありながら後味や香りが爽やかなビスク(スープ)にします。

#レストランカワサキ
#restaurant_KAWASAKI
#ヒヨドリ猟
#空気銃
#ヒヨドリのビスク
#忍び猟
#単独猟
#富士山麓ジビエ
#ジビエ
#富士山の恵み
#自然に合わせる
#静岡グルメ
#田舎暮らし
#地産地消
#ゴエミヨ
#gaultetmillau
#gibier
#shizuoka
#fujinomiya
#mtfuji

 

 

精密射撃

精密射撃

スクリーンショット 2021-02-04 17.31.39

枝が密になっている所にとまっている鳩や草むらから頭だけを出している雉や鴨などは、精密射撃が必要になります。

雉などは、餌を食べているので草むらから頭が出たり隠れたりして動いている(もぐら叩き状態)ので、動きが止まる瞬間をとらえる。

勝負は一瞬なので、獲物と自分の呼吸を合わせる事が重要になります。

#レストランカワサキ
#restaurant_KAWASAKI
#精密射撃
#獲物と呼吸を合わせる
#忍び猟
#単独猟
#富士山麓ジビエ
#ジビエ
#富士山の恵み
#自然に合わせる
#静岡グルメ
#田舎暮らし
#地産地消
#ゴエミヨ
#gaultetmillau
#gibier
#shizuoka
#fujinomiya
#mtfuji

狩猟道具紹介 タモ網

狩猟道具紹介 タモ網

スクリーンショット 2021-02-04 17.25.17

鴨類を川や池で撃つ時の回収での必需品。

泳ぎの得意なラブラドールを猟犬として使い狩猟を行う人は、猟犬が回収してきてくれますが、私は単独猟なのでタモ網を使って回収します(7m伸びるタイプの物を使っています)

狩猟は撃って終わりのイメージがあるかとおもいますが、実は撃った後からが大変だったりします。

今回は川で鴨類を撃った後でおこる大変な事を紹介します。
 
流れのある川で鴨類を撃った後は、直ぐに鉄砲をタモ網に持ち替えて流れていく鴨に向かって猛ダッシュ。

早く回収しないとどこまでも流れて行き、見失ってしまいます。

鴨を追うといっても足場は岩場などの難所が続きます。追いついたとしてもタモ網が届かなかったり、鴨が流れにのまれたりとアクシデントが続きます。

こういう事を繰り返しながらやっとのおもいで鴨を回収する事もあります。

#レストランカワサキ
#restaurant_KAWASAKI
#狩猟道具
#鴨類回収
#タモ網
#狩猟ストーリー
#狩猟はつらいよ
#富士山麓ジビエ
#ジビエ
#富士山の恵み
#自然に合わせる
#静岡グルメ
#田舎暮らし
#地産地消
#ゴエミヨ
#gaultetmillau
#gibier
#shizuoka
#fujinomiya
#mtfuji

富士山麓ジビエ

スクリーンショット 2021-02-04 17.23.46

獲った獲物は、日付、獲った場所、使用銃等を明記して保存しています。

お客様の要望があれば、お好みのジビエを熟成期間を指定して御予約をお受けいたします。

その時の狩猟の情景などを思い浮かべながら料理し、自分で獲っているからこそできる事を伝えていきます。

#レストランカワサキ
#restaurant_KAWASAKI
#狩猟ストーリー
#狩猟
#ジビエ指定
#富士山麓ジビエ
#ジビエ
#富士山の恵み
#自然に合わせる
#静岡グルメ
#田舎暮らし
#地産地消
#ゴエミヨ
#gaultetmillau
#gibier
#shizuoka
#fujinomiya
#mtfuji

くぬぎ鱒の寒干し

くぬぎ鱒の寒干し

スクリーンショット 2021-02-04 17.19.57

塩漬け鱒を自然の風を当て、時間をかけ水分を抜きながら発酵させ旨味を濃縮させていきます。

気温が低い冬場だけ仕込む旬の食材。

そのままでも美味しいですが、出汁を引いたり料理のアクセントに使います。

今年は気温が高かったので、通年より仕込みが遅れているそうです。

#レストランカワサキ
#restaurant_KAWASAKI
#くぬぎ養鱒場
#くぬぎ鱒寒干し
#冬の食材
#富士山麓ジビエ
#ジビエ
#富士山の恵み
#自然に合わせる
#静岡グルメ
#田舎暮らし
#地産地消
#ゴエミヨ
#gaultetmillau
#gibier
#shizuoka
#fujinomiya
#mtfuji

 

 

明けましておめでとうございます。

スクリーンショット 2021-02-04 17.17.02
狩猟は日の出から日没までと決められているので、毎日日の出を見ながら出猟していますが、今日は1年の始まり、特別な日の出です。

初獲りは、雉1羽、キジバト5羽でした。
4日から営業いたしますので、初物を召し上がりにお越しください。

#レストランカワサキ
#restaurant_KAWASAKI
#鳥猟
#狩猟ストーリー
#日の出
#初物
#狩猟
#富士山麓ジビエ
#ジビエ
#富士山の恵み
#自然に合わせる
#静岡グルメ
#田舎暮らし
#地産地消
#ゴエミヨ
#gaultetmillau
#gibier
#shizuoka
#fujinomiya
#mtfuji

2020年、撃ち納め

2020年、撃ち納め

スクリーンショット 2021-02-04 17.15.35

1羽1羽にストーリーがある。

雉も鳴かずば撃たれまい。

猟場を歩いていると、100m先で雉が鳴いたので地形を把握しアプローチ開始。

少しずつ距離を詰め1m先の足元から飛び出し、一瞬で雌雉と見極めスルー(雌雉は非狩猟鳥獣)
少し歩くと雌雉につられて雄雉も15m先で飛び出したので、少し飛ばして30m位の距離で射撃。

私は猟犬を使わず単独で踏み出し猟という猟方を行っているので、犬が捜索するところも自分で道なき道を入って行かなければなりません。(野バラで手足は傷まみれになります)

私は経験から雉が居そうな場所は見た目の雰囲気でわかるので、その場を歩き飛び立たせ射撃します。

重要なのは音を聞き分ける事。
単独猟は自分の足音と自然の音しかないので、音だけで小鳥か鳩か雉か野ウサギかを聞き分けます。

雉、野ウサギはアプローチ中に大きな音を出し動きを止めこちらの様子をうかがっています。
その音を見逃さず聞き取り、そこからなるべく獲物の近く(射撃可能距離)に寄れるようなアプローチの仕方をします。

雉は基本的に人から逃げる様に飛ぶので、私から離れていくように飛びます。基本追い矢の射撃になります。1羽目は追い矢。

2羽目の時は立地の関係上(いかなる時も挙銃体勢をとれるスペースを確保しながらのアプローチになるので、木が密になっている所や草木が高い所では獲物を出しても障害物で撃てません。その場の状況でアプローチの仕方を変えていきます)雉に直線的なアプローチはせず、雉の動きに合わせて平行にアプローチしたので、雉も私を横切るように真横に飛び出し、木の間を飛ぶ雉を木と木の間で狙い撃ち2羽目を獲ることが出来ました。

この日は青首鴨1羽、キジバト2羽も獲りました。本当はキジバトをもう1羽撃ったのですが、回収しに行く時に先に猛禽類に奪われました。
目の前で行われる猛禽類のハンティングは迫力があり目を奪われます。
これもストーリー。

自然相手なので同じシチュエーションはありません。
経験を積み自分の感性を高めるしかありません。

2020年も怪我なく無事に狩猟を終える事が出来ました。

#レストランカワサキ
#restaurant_KAWASAKI
#鳥猟
#狩猟ストーリー
#単独猟
#踏み出し猟
#雉猟
#鴨猟
#キジバト猟
#狩猟
#富士山麓ジビエ
#ジビエ
#富士山の恵み
#自然に合わせる
#静岡グルメ
#田舎暮らし
#地産地消
#ゴエミヨ
#gaultetmillau
#gibier
#shizuoka
#fujinomiya
#mtfuji

 

 

年末スペシャルギフト

スクリーンショット 2021-02-04 17.13.41

リクエストを頂いた年末スペシャルギフト。

お客様によって内容を少しずつ変えています。
今回は常連さんのリクエストのみでしたので、好みの物を入れさせていただきました。

本日は2020年の営業最終日。
2021年は1/4から営業スタートです。

#レストランカワサキ
#restaurant_KAWASAKI
#スペシャルギフト
#お客様を想って
#狩猟
#富士山麓ジビエ
#ジビエ
#富士山の恵み
#自然に合わせる
#静岡グルメ
#田舎暮らし
#地産地消
#ゴエミヨ
#gaultetmillau
#gibier
#shizuoka
#fujinomiya
#mtfuji